トップ > 足のツボ

足のツボ

足の裏は「第2の心臓」と呼ばれるように足の裏には重要なツボが多くあり、(約60箇所あると言われています)人体の縮図の様に分布しています。
体が異変を起こすと、その部分に対応する足裏のつぼ(反射区)にそれが現れます。全身の各器官や機能につながっており、親指を頭として、その他の指が顔耳や目などの顔のパーツ、そこからかかとへ向かって気管支、肺、胃、腸から膀胱へと、 人の体の縮図の様に内臓・器官に効くツボが並んでいます。
このように、足裏のツボは体全体につながっていますので足つぼの具合で体の悪い部分を調べることも、その部分を刺激することでも、各器官を活性化し、病状改善、健康維持、人間が本来持っている自然治癒力を高めるなどの効果があります。
その他、足裏をマッサージすることで、刺激が脳の大脳皮質に伝わり、大脳皮質が司る感情や感覚をコントロールしてくれます。昔から、「老化は足から」と言う言葉があったり、今でも足裏マッサージが定着しているように、足のツボは健康のために大切なところなのです。

足 ツボ図

副鼻腔、耳、目、頭部、リンパ腺、首、僧帽筋、肩、食管、甲状腺、胃、左気管、右気管、胃、脾臓、肝臓、心臓、肺、太陽神経叢、十二指腸、腎臓、横行結腸、上行結腸、小腸、膀胱、尾骨、生殖器、不眠、痔

このように足ツボは多くの内臓や器官と対応しています。押してみていたい個所はありませんか?
※右と左で多少の違いがあるので注意してください。

▲このページのトップへ